看護師希望者必見!看護師の仕事内容から資格・就職情報まで徹底解説!

誰もが病院などで看護師のお世話になったことがあるかと思います。

しかし、職業実態や看護師にも種類があることを知っている方は少ないのではないでしょうか。

ここでは、看護師の仕事内容やなり方、職業実態などについて説明しています。

看護師を目指している方は必見です。

スポンサーリンク

看護師の仕事内容とは

「看護師とは医師が患者の診察や治療を行う際に補助をしたり、病気や怪我の患者のケアを行う職業」

具体的には、血圧、体温、脈などの測定、注射、点滴、採血などの治療の補助、食事やお風呂、ベッドメーキングなどの身のまわりの世話などを行います。

1日の終わりには、次の担当の看護師のために、その日担当の患者の記録をつけたりと、非常に多くの仕事をこなしています。

大手病院では、手術の補助を専門としている看護師もいます。

手術室において、手術の準備や、執刀医へ器具を手渡しする業務などを担当します。

近年、医療の専門家が進んでいるため、看護師の仕事も専門性が求められるようになってきています。

医師や薬剤師、栄養士など専門家でチームを組んで治療を行う「チーム医療」も進んできており、看護師はその中でも患者と最も接点がある医療従事者として、重要な役割を担ってきています。

 

看護師の種類

看護師には、以下のような種類があります。

 

担当別の看護師

看護師は、病院内での担当によって仕事内容が変わってきます。

 

外来看護師

外来看護師の仕事で、最もウェイトを占めるのが、診察の介助です。診察の介助は、医師の仕事がスムースに運ぶように手助けをすることです。

例えば、腹痛を訴える患者さんなら、ベッドに寝かせ、医師が診察しやすいように服を脱がし、患部を露出させます。

また、怪我のある患者さんは、包帯を外し、消毒に必要なものを用意します。

一日に多くの患者さんが訪れる外来で、円滑に診察が行えるよう介助することは、より迅速に患者さんに医療を提供する上でとても大切です。

また、患者さんへの説明や指導、診察の準備なども行います。

 

病棟看護師

主な仕事内容は、注射や点滴、ガーゼ交換などの医療処置の他に、ベッドサイドを整えたり、身体を拭いたりといった身の回りの清潔を保つことです。

また、日中は、治療や身の回りの保清の他に、医師の指示で検査が入ることがよくあります。

血液検査や、尿検査は看護師が行います。

その他の検査の場合、検査が行われる場所まで患者さんを安全に移動させることはもちろん、検査内容、検査時間を把握し、必要がある場合は食事を止めたり、剃毛、浣腸、事前投薬等を行います。

夕方になると、ほとんどの病棟が一日3回の検温を行っているので、夜間の検温をし、それ以外にも夕食の介助、投薬、注射、点滴などを行います。

就寝後も、病室の見回り、24時間点滴の管理、呼吸機や心電図モニターのチェック、明日の検査の準備など常に病棟中に気を配っています。

このような通常業務の他に、緊急入院、緊急手術が入ることもあり、24時間休む間もない病棟勤務において最も必要なことは、チームワークです。

病棟看護師の仕事は、交代制で24時間休むことなく引き継がれていきます。

病院の規模やスタッフの数にもよりますが、勤務体制は、2交代や3交代、当直制などがあります。

 

オペ室看護師

オペ室看護の最も大切な仕事は、手術の介助です。手術の介助の目的は、医療チームの一員として、手術を円滑に行うことです。

介助には、直接、執刀医に手術器械を渡す「直接介助」と、患者さんの容態や医師の動きに合わせ、投薬や手術環境を整える「間接介助」とがあります。

テレビドラマでよく見る、執刀医にメスなどを渡したりするのが「直接介助看護師」です。

手術中に、医師の汗を拭いたり、無影灯(ライト)を合せたり、外回りの仕事をするのが、「間接介助看護師」です。

病院では、手術室勤務と合わせて、中央材料室の仕事も行うことも少なくありません。

中央材料室とは、院内で使用する滅菌材料の補充や消毒を行う場所です。

直接患者さんと接することはありませんが、患者さんに使用した物品が運ばれてくるので、感染症に対する知識をもって仕事をする必要があります。

オペ室の仕事、特に手術の介助は、疾患や術式により異なり、看護師には、幅広く、なおかつ専門的な知識が要求されます。

また、手術が決まった患者さんのもとを訪れ、手術や、当日の流れについて説明するのも仕事のひとつです。

これは、手術前にお互いが顔を会わせることで、患者さんの取り違えを防ぐことにもなり、不安を抱えて手術室に入ってくる患者さんに安心感を与える効果もあります。

会話をすることで、患者さんが疑問に思っていることを聞きだし、手術前の不安を軽減することも、術前患者訪問の目的のひとつです。

 

ICU看護師

ICUに収容されている患者さんは、手術直後であったり、急性機能不全であったりと、短時間に変化する可能性があり、集中的な治療が行われます。

ICUで働く看護師もまた、幅広い知識をもとに、集中的な治療介助、看護、観察を行い、患者さんの生命維持を支えていくことが求められます。

また、ICUは、面会や入室が一般病棟より厳しく制限されているため、入院患者さんの家族は、思うように様子を見ることができません。

特に、乳幼児を対象としたNICUでは、家族の不安ははかりしれません。そのような家族に対するケアも、ICU看護に求められます。

 

専門看護師

専門看護師とは、専門看護師認定審査に合格し、水準の高い看護ケアを提供するために、がん看護、老人看護などの特定の専門看護分野の知識及び技術を深めた人のことを言います。

主な役割は、以下の6つです。

①実践:個人、家族及び集団に対して卓越した看護を実践する。

②相談:看護職を含むケア提供者に対しコンサルテーションを行う。

③調整:必要なケアが円滑に行われるために、保健医療福祉に携わる人々の間のコーディネーションを行う。

④倫理調整:個人、家族及び集団の権利を守るために、倫理的な問題や葛藤の解決をはかる。

⑤教育:看護職に対しケアを向上させるため教育的役割を果たす。

⑥研究:専門知識及び技術の向上並びに開発をはかるために実践の場における研究活動を行う。

 

認定看護師

認定看護師とは、認定看護師認定審査に合格し、ある特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護実践のできる人のことを言います。

主な役割は、以下の3つです。

①実践:個人、家族及び集団に対して、熟練した看護技術を用いて水準の高い看護を実践する。

②指導:看護実践を通して看護職に対し指導を行う。

③相談:看護職に対しコンサルテーションを行う。

 

准看護師

看護師と准看護師の厳密な違いは、保健師助産師看護師法に定められており、看護師は「厚生労働大臣の免許を受けて、療養上の世話、または診療の補助を行なう」となっています。

一方、准看護師は「都道府県知事の免許を得て、医師、歯科医師、または看護師の指示を受けて療養上の世話、または診療の補助を行なう。」となっており、国家免許でないこと、医師はもちろん、正看護師の指示を受けなくては業務を行えないことになっています。

しかしながら、実際の臨床の場においては、正看護師と准看護師はほぼ同じように仕事をこなしており、明確な業務の違いはありません。

ただ給与、昇格において、正看護師と准看護師との間には明確な差があります。

 

看護師になる為には

看護師になるためには専門の教育を受け、国家試験に合格する必要があります。

高校卒業後、看護の道に進む場合、看護師学校・養成所には3年制の看護専門学校、看護短期大学、4年制の看護大学があります。

近年は、最先端医療の中でチーム医療の一員を担う看護師にも高度な知識と学力が要求されるようになり、看護大学で学ぶ人が増えてきています。

 

看護学校で学ぶこと

①基礎分野

基礎分野とは、一般教養科目とも言いかえられ、人や社会についての理解を深め、思考や判断の基礎となる力を向上させます。

具体的な科目は、心理学や社会学、生化学などがあり、学校によっては外国語や体育、芸術、ボランティア、コンピューターなど幅広い分野について学びます。

体育や芸術は、看護師の仕事に関係ないように思えますが、看護の仕事は意外と力仕事です。勤務時間も不規則なことが多く、健康な体つくりはとても大切です。

また、芸術など情操教育は、人としての幅を作り、患者さんとのコミュニケーション、チーム医療の中での円滑な人間関係の基礎となります。

 

②基礎専門分野

専門分野(看護)の基礎となる部分、つまり、体の構造や病気に関することを学びます。

主な科目は、解剖生理学・病理学・栄養学・薬理学・公衆衛生学 などです。

 

③専門分野

看護に必要なより専門的な学習として、人の各ライフステージにおける特徴やケアについて学びます。

主な科目は、小児看護学・成人看護学・母性看護学・老年看護学・精神看護学・在宅看護学です。

 

実習で学ぶこと

実習に先立ち、学校では、看護の基礎や専門分野について学習することはもちろん、実際に学生同士で看護技術の演習(学内実習)を行ないます。

学内実習の内容や方法は学校によって違い、人形を使って傷の消毒の練習を行なったり、学生同士で経鼻チューブを挿れたり、ベッドメーキングを行なったりします。

この学内での演習により、臨床の場において安全・安楽に看護を行うのに十分な技術を習得します。

学内での学習、演習が終わったら、いよいよ実際に医療機関で実習を行ないます。

実習には、 基礎看護実習、成人看護実習、老年看護実習、小児看護実習、母性看護実習、精神看護実習、在宅看護実習などがあります。

実習医療機関は、病院だけでなく、介護施設、保健所、学校の保健室、小児看護実習の中には、幼稚園での実習もあります。

実習では、各ステージにおける患者さんや、人々とのコミュニケーション、看護を通して、知識と技術を深めます。

 

試験科目

人体の構造と機能、疾病の成り立ちと回復の促進、健康支援と社会保障制度、基礎看護学、成人看護学、老年看護学、小児看護学、母性看護学、精神看護学、在宅看護論及び看護の統合と実践

 

合格率

90%を推移しています。

 

受験料

5,400円

 

看護師の実態

派遣やパートとしての働き方があるため、長時間の勤務が難しいという方でも、自分のライフスタイルにあった働き方ができます。

看護師の給料

看護師の給料は、同年代の給料の平均よりも高い傾向にあります。

勤務先によって差があるので、一概にはいえませんが、看護師の平均月収は328,400円、年間賞与は782,700円、平均年収は4,723,500円となります。

看護師の年収のボリュームゾーンは400万円〜600万円が相場となり、一般的な女性の年収よりも高めの年収です。

しかし、体力的にも精神的にも厳しい仕事であり、夜勤もあることを考えると、一概に高い給料とはいえない面もあります。

とはいえ、看護師の給料は安定しており、パートや派遣で働く場合の時給も他の業種より高く、求人も絶えることがないので、資格を生かせる仕事であることは間違いありません。

 

看護師の平均年齢

38歳

 

看護師の勤続年数

7.4年

 

看護師の労働時間

158時間/月

 

看護師の超過労働

9時間/月

 

看護師の雇用形態

正規職員81.6%、非常勤職員18.2%、派遣0.2%となっています。

 

看護師の勤務時間

病院勤務の看護師の勤務時間は24時間体制で対応しなければなりません。

2交代制(例:日勤08:30~17:00 / 夜勤16:00~09:00)か3交代制(例:日勤08:30~17:00 / 準夜勤16:30~深夜01:00 / 深夜00:30~09:00)のどちらかであることが多く、組まれたシフトに合わせて勤務します。なお、深夜に勤務するときには別途手当が支給されます。

途中で仮眠を取り、16時間などの長時間勤務をする「当直」という勤務がある場合もあります。

 

看護師の休日

病院勤務では勤務がシフト制となるため、休日も決まっていません。

4週間のうち、7日から8日の休日が一般的です。

入院施設のない診療所に勤務の場合には、定休日があるため、決まった日に休むことができます。

また、診療時間も決まっているため、基本的には夜勤もありません。

 

看護師の希望者数

手に職をつけたいという理由で、看護師を目指す人も増えています

看護師数は年々増加を続けており、平成24年時点での看護師の人数は1,015,744人となっています。

また、男性の比率が徐々に高まっています。平成22年には男性の比率が6.2%になりました。

 

主な勤務先

看護師の活躍の場は、大学病院、公立・私立の病院、診療所などが一般的です。

しかし、保健所や老人保健施設など、高齢化社会の進展に伴い、活躍の場は増えてきています。

 

看護師の離職・転職

ナース人材バンク

実は離職・転職率がとても高い職業でもあります。

看護師の離職・転職率が高い一番の理由は、仕事のハードさでしょう。

高い志を持ち看護師の資格を取得し働き始めたものの、学校や実習では経験しなかった臨床の厳しさ、忙しさ、責任の重さなどが若い看護師には重圧となり、就職後数年で転職をする看護師がたくさんいます。

そのため、多くの病院では、卒後教育に力を入れ、資格を取ったばかりの看護師に「即戦力」を求めるのではなく、段階的に無理なく成長していくためのバックアップ体制を整えるようにしています。

看護のお仕事

看護師の大変さ

夜勤がある職場だと、勤務形態に体調を合わせるのに苦労することもあります。

 

 

看護師のやりがい

 

広い知識と判断力、体力が必要とされ、責任のある仕事はストレスもありますが、意欲を持ち常に物事を全体から見るように心がけ、医師や看護師仲間、その他の医療スタッフ、患者のことを考えながら行動をしていくと、おのずから自分がしなくてはいけないことが見えてきます。

そして、それに向かって努力をした結果、医師と息があった医療補助ができたり、看護チームの連携が取れたり、患者さんとの間に信頼関係ができたりという「努力した結果」が仕事に反映され評価されると、非常にやりがいを感じます。

 

看護師の適性

①慈しみの心が強く他人に共感できる

看護師は患者さんに対して冷静に対応することも重要ですが、その人の抱く大きな不安を十分に理解し分かち合う心の豊かさも同時に必要です。

「誰かの役に立ちたい」「困っている人を助けたい」「悩みや不安を抱く人の負担を少しでも軽くするお手伝いがしたい」こういった思いや考えを、誰から教わるでもなく持った人は、看護師に大変向いていると言えるでしょう。

 

②主体性と協調性を併せ持つ

看護師には、緊急時などに自分の意思と判断で的確な行動ができる主体性と、チーム単位で業務を滞りなくこなしていく協調性が必要です。

どんな状況に直面しても自らの判断を信じて行動できるという気質は、看護師として仕事を続けていく上で大きな武器となります。

また、看護師同士はもちろんのこと、医師や医療スタッフと協調し、円滑に業務を遂行できるという協調性のある人材は、医療現場では大変高い評価を受けます。

主体性と協調性を併せもつ看護師というのは想像以上に少なく、この二つを兼ね備えた方は看護師として活躍すると考えられます。

 

③前向きで勤勉

看護師の仕事は非常にハードなため、ちょっとしたきっかけでどんどん気持ちが落ち込んでしまい、ついには仕事が続けられなくなるというケースもみられます。

そのため、過酷な労働環境にあっても常に前向きで希望をもち、小さなことでクヨクヨ思い悩まないタイプの方は看護師に適していると考えられます。

また、看護師の仕事は看護のスキルや知識さえ持っていれば良いというものではなく、日進月歩の進化を続ける医療や看護分野に遅れを取らないよう、常に自分をアップデートすることが重要となります。

忙しい毎日の中でも勉強をする努力を惜しまず、自分自身を高める勉強を続けられる勤勉な方は、看護師として活躍できる適正を持っていると言えるでしょう。

 

看護師の展望

どこの病院も看護師不足に悩まされており、就職率はほぼ100%です。

働く先に困ることはあまりありませんが、土日休みなど待遇が恵まれているところは人気が高くなっています。

 

まとめ

 

看護師は人の命を預かる、責任の重い職業です。

だからこそ、苦労して介助・ケアをした結果として、患者さんがだんだんと健康を取り戻していくのを目の当たりにしたり、患者さんから感謝の言葉をもらったりしたときには大きなよろこびが得られます。

ぜひ、参考にしてみてください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。