ストレングスとは

ストレングス(Strength)という言葉を聞いたことがあるかと思います。これは、英語で「強さ・力」を意味します。

ストレングス・モデルとは、クライエントの能力やクライエントを取り巻く環境の強みを引き出し、活用していくケース・マネジメントのことです。

また、ストレングス視点(ストレングス・パースペクティブ)とは、クライエントやその家族、地域などが持っている強みや能力、可能性といったストレングスに注目した考え方です。

ストレングス視点を活用するには、クライエントに対して「〇〇ができないから〇〇の支援が必要」と一方的に結論づける姿勢ではなく、「〇〇ができない状況のなかでも対応して生活してきたクライエントのストレングスをどのように生かして支援するか」をクライエントとともに考えていく姿勢が必要です。

ソーシャルワーク実践において重要なことは、クライエント自身が自らのストレングスを認識して活用したり、新たに力を獲得したりするなどして自ら問題を打破していく「本人主体」の考えです。

ソーシャルワーカーには、クライエントの自己有用感や肯定感を向上させるために、制度やサービスなどの社会資源をクライエントが主体的に活用できるようにはたらきかけることが求められます。

 

ICFとは

そこで知っておくべきなのが、国際生活機能分類(ICF)です。

ICFInternational Classification of Functioning Disability and Health)とは、20015月にWHO総会で採択された生活機能と障害の分類法です。特徴として、1980年から使われていたWHO国際障害分類(ICIDH)がマイナス面を分類する考え方が中心であったのに対して、ICFはプラス面や環境因子に着目しています。

健康状態、心身機能・身体構造、活動、参加、環境因子、個人因子は相互に関係し合っています。

図1

 

実際に情報整理シートを使ってみましょう。

図2

 

ICF~各項目の解説~

・心身機能・身体構造・・・身体の生理的機能(心理的機能を含む)や器官・肢体などといった身体の解剖学的な部分のこと。

・機能障害(構造障害を含む)・・・喪失や著しい変異などといった心身機能・身体構造上の問題のこと。

・活動・・・日常生活行為やできる活動・している活動のこと。

・活動制限・・・活動を行う上で生じる困難のこと。

・参加・・・社会参加や役割などといった生活・人生場面への関わりのこと。

・参加制約・・・生活・人生場面に関わる上で生じる困難のこと。

・環境因子・・・人々の社会的な態度や制度、物的環境、社会的環境などを構成していること。

・阻害因子・・・環境因子を阻害していること。

・個人因子・・・性別や価値観、個性など個人を構成していること。

 

ICFに沿ってクライエントの情報を整理し、ストレングスを引き出す支援をしていきましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。