ソーシャルワーカーと福祉に関する7つの職種

一口に福祉職といっても様々な分野と多くの関連した職業があります。「福祉に関連する仕事に就きたい!」と考える方の中には具体的になりたい職業・必要な資格をまずは知っておくことでグッと目標が近づくことにもなるのではないでしょうか。今回は、福祉に関する職業と「ソーシャルワーカー」の定義について今一度かんがえ、福祉職に関する理解を深めましょう。

ソーシャルワーカーとは

そもそもソーシャルワーカーとは何なのか、そこからまずは見ていきましょう。

ソーシャルワーカー(Social Worker)というのは、簡単に言うと日常生活を送る事に関して、困っている人や、生活に不安のある人々、社会的に差別・疎外されている人々に対し、様々な形での援助を行う職業の呼び方です。具体的に言うと、日本では福祉に関する国家資格の「社会福祉士」及び「精神保健福祉士」の事を指す事が多いです。

ソーシャルワーカーの定義

上で記述した通り、日本では法律の定義に基づきソーシャルワーカーを「社会福祉士」と「精神保健福祉士」と解釈する見方があります。それらを「相談援助職」と呼ぶ事が多々ありますが「ソーシャルワーカー」という考え方や共存共栄社会の実現という理念からすると、多少意味合いの事なってくる部分も見受けられます。

ソーシャルワーカーに必要な資格

定義の上で、日本国内で「ソーシャルワーカー」として必要な資格は「社会福祉士」「精神保健福祉士」の二つが該当するわけですが、一般的に福祉に携わる人が「ソーシャルワーカー」と自称する事は珍しくありませんし、特に問題はありません。

上記の2つの資格を保有する事は「国が認めた『ソーシャルワーカー』」になれるという考えが無難かもしれません。尚、上記の資格を取るには一定の基準がありますのでそちらをまずは確認する事をオススメします。

参考記事:

ソーシャルワーカーと呼ばれる職業一覧

それでは、資格保有者という視点ではなく、人権擁護、社会問題の解決という福祉的な精神をベースに活動するソーシャルワーカーもは、いったいどのようなものがあるのを見ていきましょう。「一体福祉職にはどのような仕事があるのか」ということですね。それではまずはそれぞれの分野ごとに見ていきます。

分野ごとに見た福祉職一覧

福祉職はとても幅広く、様々な形で社会や人々に関わっています。それぞれが専門職であり、福祉という心や目指す場所は同じでも、全く違う場所で働いている事がほとんどです。もし、あなたが将来福祉関連の仕事に就きたい、と漠然と感じているのなら、まずはどの分野に該当するのかを以下の7つのカテゴリから見極める必要があります。

介護系

保育系

相談援助系

保険・医療系

栄養・調理系

管理運営系

その他

まとめ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。